睡眠サプリメントランキングTOP5

【低血圧の人は朝起きれない】

なぜ起きれないの?改善方法は?

低血圧の人は朝起きれない

低血圧の人はなぜ朝起きれないのでしょうか?
そもそも低血圧とは最高血圧が100~110mmHg以下、最低血圧が50~60以下の状態を示します。低血圧の人は、「朝が弱い」「朝起きれない」「午前中は頭がすっきりしない」というイメージがありますが、本当にイメージとおりなのでしょうか?
確かに、低血圧の人の中には、朝なかなか起きることができない方もいます。
その他に、低血圧の方には、肩こり、めまい、疲れやすい、頭痛がするなどの症状を持つ方もいらっしゃいます。
低血圧の場合、血液を送り出す力が弱いため、血液の流れが悪くなります。そのため、肩こりなども起こりやすいといえるでしょう。しかし、低血圧と寝起きは必ずしも関係があるとは、限りません。
血圧は、起きるとだんだん上がり、眠ると下がるというように1日の中にリズムがあります。
血圧の上がり方はゆっくりあがっていく人と、起きてすぐに上がる人などそれぞれですが、徐々に血圧が上がって、活動に備えます。
目覚めのメカニズムには、神経伝達物質のアドレナリンとノルアドレナリンというホルモンが関係しています。
これらがバランスよくスムーズに分泌されていれば、朝の目覚めも快適なのですが、低血圧の人は血液循環が悪いので、ホルモンを分泌するスピードが遅い人もいます。そんな場合は、目覚めに時間がかかることもあります。

生活習慣を改善すれば朝も起きれるようになる

朝起きられない、全身がだるいといった不快な症状は、生活習慣によって改善できるのです。まずは、早寝早起きをして規則正しい生活の習慣をつけることです。夜型の生活は朝ますます苦手にさせます。
早寝早起きをして、必ず朝食をとりましょう。朝食抜きが血圧をあがらなくさせている要因です。
また、「低血圧だから朝が弱い」という先入観も朝の脳の働きを、ダラダラさせているのです。
そんなことはスパッと捨てて、気持ちよい目覚めの朝を迎えましょう。